返済方法の種類と内容

オリックス銀行は、店舗やATMネットワーク網を持たずにサービスを提供している無店舗型の銀行であり、得意分野に特化した商品を取り扱っています。20歳以上69歳未満の毎月安定した収入を得ている国内居住の人(※外国籍の方は永住者または特別永住者の方)に向けた個人向けカードローンも、利用はインターネットが中心です。

 

この商品のルールは、事業性資金として使用しない事と使用した金額に利息を加えて返済するという事です。一括で完済する必要はありませんが、最低でも毎月の約定返済日には指定された金額を返済しなくてはなりません。

返済方法と最低返済額

返済方法

 

 

  • 指定した口座からの口座引落しによる返済
  • オリックス銀行指定口座への振り込みによる返済
  • 提携金融機関のATMからの入金による返済

の3種類用意されています。返済必要額は、

 

 

  • 30万円以下の場合は7,000円
  • 30万円超50万円以下は1万円
  • 50万円超100万円以下は2万円

という様に、借り入れ残高に応じて変動します。返済が確認されると再び利用可能額の範囲内で利用できるようになります。つまり、利息だけを返済するという方法が可能という事です。

 

オリックス銀行カードローンは、最高で800万円まで用意されています。約定返済日に遅れないという事を続けていくと、増額させる事が可能となります。逆に、何度も返済に遅れてしまった場合は遅延として信用情報機関に記録されてしまいます。

 

 

約定返済日は毎月10日と月末日のどちらかをカードローンの契約時に選択するという内容です。


約定返済日以外の日にも返済する事は可能であり、完済までの日数を短縮する事が出来ます。